こちらはうさパラ情報専門ページです。ご注文はできません。

オプティミューン眼軟膏(optimmune)0.2%【1本3.5g】

犬用
Optimmune Ophthalmic Ointment 
画像を拡大する
商品名 オプティミューン眼軟膏(optimmune)0.2%
商品名(EN) Optimmune Ophthalmic Ointment 
別名 オプティミューン眼軟膏(ナガセ医薬品) 最終更新日 2017/12/07
内容量 1本3.5g
商品コード UP02145
メーカー エムエスディー(MSD)
この商品につけられているタグ
ヴィジョケア  乾性角結膜炎  KCS  シクロスポリン  ドライアイ  

商品詳細

オプティミューン眼軟膏は、有効成分のシクロスポリンを配合した犬用の乾性角結膜炎治療薬です。

犬の乾性角結膜炎は、自己免疫疾患などが原因で涙の分泌量が減少することでドライアイの状態となります。水分を失うと、油性の粘液層が眼の表面を覆い、炎症・細菌感染などが生じやすくなります。

成分のシクロスポリンは、免疫抑制の作用が強力で、眼に使用することで涙の生産量を増やし、犬の眼周辺の汚れや目ヤニを取り除きます。

効果

犬:乾性角結膜炎の症状の改善

使用方法

通常、1日2回、本剤約1cmを12時間ごとに直接角膜上又は結膜嚢内に局所投与する。

一般的注意事項

本剤は、要指示医薬品であるので獣医師等の処方箋・指示により使用すること。
本剤は、効能・効果において定められた目的にのみ使用すること。
本剤は、定められた用法・用量を厳守すること。
小児の手の届かないところに保管すること。
本剤は高温で液体状になるので25℃以下で保存すること。
使用期限が過ぎたものは使用しないこと。
使用中、チューブ内部への夾雑物混入に注意し、使用後は必ず蓋を閉めること。
誤用を避け、品質を保持するため、他の容器に入れかえないこと。
開封後1ヶ月経過したものは廃棄すること。

オーナーの方の注意事項

使用した後、あるいは使用者の皮膚に付着したときは石けん等でよく洗うこと。

ペットへの注意事項

本剤は外用以外に使用しないこと。
副作用が認められた場合には、速やかに獣医師の診察を受けること。

副作用

本剤の投与により、羞明、眼をこする、眼瞼内反など眼や眼の周囲に刺激性を示す反応が見られることがあります。
このような場合には様子をみて、改善が認められない、又は症状の進行がみられる場合には投与を中止し、獣医師の診察を受けてください。

成分

シクロスポリン 0.2%
ページの先頭へ戻る

愛犬・愛猫の健康を第一に!

ペットのお薬 うさパラは、みなさまの大切な家族であるワンちゃん、ネコちゃんの健康を第一に考え、香港・アメリカ・ヨーロッパを中心とした獣医ネットワークにより海外の先進的な医薬品情報を正確かつ迅速にお届けしております。

お問い合わせ

お問い合わせは、24時間お受けしています。
営業時間外と休業日にお問い合わせいただいた場合は、お返事が翌営業日となります。

▶お問い合わせ