こちらはうさパラ情報専門ページです。ご注文はできません。

パナフコルテロン5mg(プレドニゾロン)【1本60錠】

犬猫兼用
Panafcortelone 5mg
画像を拡大する
商品名 パナフコルテロン5mg(プレドニゾロン)
商品名(EN) Panafcortelone 5mg
別名 プレドニゾロン(旭化成ファーマ、ニプロ、東和薬品、キョーリンリメディオ、杏林製薬、コーアイセイ、日本ジェネリック、武田テバ薬品、武田薬品工業、マイラン製薬、ファイザー、陽進堂、塩野義製薬)最終更新日 2017/02/09
内容量 1本60錠
商品コード UP00696
メーカー アスペン(Aspen)
この商品につけられているタグ
合成副腎皮質ホルモン剤  アトピー性皮膚炎  コルチコステロイド  抗炎症作用  プレドニゾロン  

商品詳細

当商品は、アレルギーや炎症や自己免疫症、皮膚病やアジソン病、バクテリアショックの治療など幅広く用いられている副腎皮質ホルモン剤です。
副腎皮質ホルモンとは臓器の副腎から分泌される副腎皮質ステロイドホルモンというホルモンのことで、ステロイドとも呼ばれています。
主な使用用途は下記の通りとなっております。

【炎症やアレルギー】
アレルギー性皮膚炎、皮膚炎、湿疹、かぶれ、等の改善
【免疫系】
自己免疫症、脳、血液、脊髄の症状の改善
【慢性副腎不全】
アジソン病、副腎皮質ホルモンの不足時の補充療法

ステロイド(副腎皮質ホルモン)外用薬の強さは、強い順に「最強(strongest)、非常に強力(very strong)、強力(strong)、中程度(medium)、弱い(weak)」の5段階に分類されます。
当商品は、5群の「弱い」に入っております。

効果

使用方法

【炎症の治療に用いる場合】
1日2回 体重1kgに対し2~6mg ※症状により適宜増減致します。

【免疫機能の治療に用いる場合】
1日3回まで 体重1kgに対し0.2~6mg ※症状により適宜増減致します。

一般的注意事項

使用に際しては、獣医師の指示により使用してください。
用法・用量の定められた期間以内の投与であっても、それを反復する投与は避けてください。

オーナーの方の注意事項

高温多湿の場所を避け保管して下さい。
誤って薬剤を飲み込んだ場合は、直ちに医師の診察を受けてください。
小児の手の届かないところに保管してください。

ペットへの注意事項

副作用等が出た場合は直ぐに獣医にご相談下さい。

副作用

成分

Prednisolone 5mg
ページの先頭へ戻る

愛犬・愛猫の健康を第一に!

ペットのお薬 うさパラは、みなさまの大切な家族であるワンちゃん、ネコちゃんの健康を第一に考え、香港・アメリカ・ヨーロッパを中心とした獣医ネットワークにより海外の先進的な医薬品情報を正確かつ迅速にお届けしております。

お問い合わせ

お問い合わせは、24時間お受けしています。
営業時間外と休業日にお問い合わせいただいた場合は、お返事が翌営業日となります。

▶お問い合わせ